専門的な知識

特殊清掃とはどういう仕事なのか

特殊清掃とは、病死、自殺、孤独死などで亡くなった人の部屋を清掃する仕事です。そもそも遺体が残った部屋を掃除することは、普通の部屋の掃除とは違い、専門知識が必要とされます。というのも、現場には亡くなった人の血液や体液などが残っていたり、害虫などが発生しているからです。これらをきれいにしようにも、一般の方ではなかなか近づくことができません。遺族の方にしてみれば、親しい方や家族の遺体を見て放心状態の状態になっているからです。ですが、特殊清掃に依頼することで、害虫駆除、感染症予防のための消毒を専門的に行うことができます。すぐに、以前までの元通りの部屋にすることができるので、特殊清掃は非常に便利といえます。

業者にお願いする時に確認すべきこと

特殊清掃業者に依頼する場合には、注意しなければならない点があります。それは、産業廃棄物収集運搬許可をちゃんと持っているかどうか確認することです。実は、近年では、リサイクル料の値上げが問題になっています。そのため、お客さんからリサイクル料を受け取って、不用品を不法投棄する業者が多くあります。また、その他にも不用品物を産業廃棄物として埋め立ててしまう業者もいます。このように依頼した業者が違法行為をした場合、依頼したお客さんも罪に罰せられる可能性もあります。ですから、依頼を行うときには、産業廃棄物運搬許可を確認することが大事です。この許可証を持っていれば、きちんと不用品を処分してくれるという証明になります。